PR

 今回のテーマは「患者」です。電子カルテに直接触れるのは医師および医療機関のスタッフですが、患者がいないと診療は行われず、電子カルテを使用する必要もありません。

 カルテは患者を軸に、患者の主訴や医師の思考、処置・処方の記録などの情報が残されているものであり、当然ながら患者を救う過程・結果の記録です。しかし、それだけでは非常にもったいないと感じています。電子カルテを単なる記録を残すためのツールではなく、「医師と患者のコミュニケーションツール」というコンセプトの下にRe-Designしようとすると、どういう改善・刷新ができるのでしょうか。

[画像のクリックで拡大表示]