PR

 「いよいよ見えてきたウエアラブルの“出口” ~作り手と使い手のギャップはこう埋める~」。2015年5月26日に開催された「『ウエアラブル』の本質を議論する 2015」(主催:日経デジタルヘルス)では、プログラムの最後に冒頭の演題でパネル討論が実施された。

 パネリストは東京家政大学 保健センター長(臨床栄養情報部 教授)の市丸雄平氏と、米Vital Connect社 Vice President and General Manager, Japanの大川雅之氏。モデレーターは奈良県立医科大学 産学官連携推進センター 教授の梅田智広氏が務めた。

パネル討論の様子
[画像のクリックで拡大表示]