PR

スコピスト不足に応える

 EMAROが誕生した背景には近年、患者への負担が大きい開腹手術に代わる手法として、内視鏡を用いた低侵襲手術が普及していることがある。「1円玉サイズの穴ですべてをやる」(東京医科歯科大学 理事・副学長の森田育男氏)ことを目指した治療法である。患者の腹部に開けた小さな穴から鉗子や内視鏡を挿入し、がんなどを手術する腹腔鏡手術はその代表格。手術支援ロボットの代名詞的存在である米Intuitive Surgical社の「da Vinci Surgical System(通称:ダビンチ)」も、内視鏡手術を支援するシステムである。

EMAROについて説明するリバーフィールドの原口氏
[画像のクリックで拡大表示]

 内視鏡手術の普及が進む一方、内視鏡手術に必要な「スコピストの確保が難しい」(森田氏)という実態もある。特に、中小規模の病院ではスコピストの不足が深刻な課題という。EMAROは、こうした状況に対応するロボットとして登場した。

 価格は約1500万円(税抜)と、既存の内視鏡ホルダーロボットと同等以下に抑えた。今後、月産5~10台の生産体制を整え、今後3年間で「100台の販売を目指す」(リバーフィールド 代表取締役社長の原口大輔氏)。導入先は「急性期病院などを想定している」(販売を担当するホギメディカル)。