PR

 流通大手のイオン(千葉市美浜区)は、介護事業に本格参入する(関連記事:流通大手のイオンが目指す健康社会とは)。2015年9月にも千葉県野田市にあるショッピングモール内に約200m2の通所介護事業所を開設し、その後は首都圏を中心に2020年度までに50カ所の展開を目指す。

 事業を手がけるのは、子会社のイオンリテール(千葉市美浜区)。郊外のニュータウンなど、顧客層が高齢化したエリアに開設し、地域の介護ニーズに応える狙いがある。機能訓練に特化し、食事や入浴は提供しない方針。

 同社は2013年9月から試行的に機能訓練型の通所介護事業所「イオンスマイル葛西SC店」(東京都江戸川区、定員20人)を運営し、3時間以上5時間未満のサービスを午前・午後の2回提供。運営ノウハウを蓄積してきた。