フレームへの電流漏れから発生する「PID現象」

カーソルキー(←/→)でも操作できます