PR
 1強5弱——。冷蔵庫業界の勢力分布は,国内シェアに基づいてこう呼ばれることがある。20%以上のシェアを持つ王者の松下電器産業を頂点に,残る主要5メーカーが15%程度のシェアで横並びに続くからだ。5弱の中では毎年抜きつ抜かれつの変動があるものの,松下電器産業を頂点とする基本構造が変わることはなかった。

 しかし今,5弱から頭ひとつ抜け出し,1強に迫る勢いを見せるメーカーが現れた。2004年の国内シェアを前年比3.4ポイント増の16.2%とした三菱電機である。同社は2005年も業界平均を上回る伸びを見せており,松下電器産業にさらに近づいたとみられる。

 三菱電機のシェアを高める推進力の1つになったのが,2004年9月に発売した「光パワー野菜室」搭載機である。野菜室に設置したオレンジ色の発光ダイオード(LED)が,ブロッコリースプラウトなどの葉物野菜の光合成を促してビタミンCを増やすという。鮮度を保つという従来の冷蔵庫の役割を超えて栄養を増やすという斬新な機能を実現したことで評判になり,同社の冷蔵庫の存在を世に知らしめることになった。