PR
 「ソニーは今回の合弁によって,一度に2つのうまみを得られる可能性がある」(光ディスク関係者)。

 ソニーとNECは,光ディスク装置事業を統合し,2006年4月に合弁会社を設立する覚書を交わした。出資比率はソニーが55%,NECが45%で,ソニーから社長が,NECからは副社長が就任する。

 光ディスク関係者の冒頭の発言は,今回の事業統合によってソニーが,光ディスク装置市場で競争力を強めるだけでなく,次世代光ディスクの規格争いでも有利になることを意味している。NECは,ソニーが支持する「Blu-ray Disc」規格と競合する「HD DVD」陣営の旗手である。その光ディスク事業を実質的にBlu-ray Disc陣営に取り込む可能性が出てきた。