PR
印刷で作るディスプレイ向けに開発してきた材料や印刷に関する要素技術は,その他のさまざまな有機エレクトロニクス素子の開発にも応用できる。今回は,そうした素子について,開発指針から動作結果までの一部始終を解説してもらう。(野澤 哲生=本誌)

鎌田 俊英
産業技術総合研究所
光技術研究部門 有機半導体デバイスグループ グループ長


 我々は,印刷による製造が可能な有機材料を用いたディスプレイの開発に力を入れている。今回は蓄積してきたノウハウをディスプレイ以外のエレクトロニクス素子に応用する試みを紹介する。具体的には,農業用フレキシブル・センサ,RFID(無線タグ)強誘電体メモリといった素子を開発した。