PR

 「ただいま大変混雑しています。W-ZERO3の試用をご希望のお客様は,しばらくお待ちください」――。2005年10月26~29日に千葉・幕張メッセで開かれた展示会「WPC EXPO 2005」で,ウィルコムとシャープのブースはちょっとしたパニックに陥っていた。前週の10月20日に発表された「W-ZERO3」の初代機「WS003SH」にとって,初の一般向けのお披露目になったからだ。

   W-ZERO3はウィルコムとシャープ,米Microsoft Corp.が共同開発した携帯情報機器(PDA)型のPHS端末である。ウィルコム 営業開発部 企画マーケティンググループ 課長補佐の須永康弘が企画し,これまで「ザウルス」などのPDAを手掛けて来たシャープ 通信融合端末事業部が開発を担当した。Microsoft社のPDA向けOS「Windows Mobile 5.0」を組み込み,ウィルコムとネットインデックスが共同開発したPHS通信モジュール「W-SIM」を使って通信する方式を採る。