PR

技術的なノウハウを秘匿するためには,あえて特許を出願しないことも重要である。ただし,他社が同様の技術を開発し特許を出願すれば,特許侵害で訴えられる可能性がある。それを回避するためには「先使用権」を主張するしかない。今回は,そのために有効な書類作りの方法を紹介する。(木村 雅秀=本誌)

上山 浩
日比谷パーク法律事務所
弁護士・弁理士

 発明をノウハウとして秘匿しつつ,他社から訴えられた際に特許侵害を回避するための伝家の宝刀――。それが,「先使用権」である。先使用権を主張するためには複数の関連書類をきちんと準備しておくことが重要である。前回解説した研究ノートや実験ノートも先使用権を立証する有力な書類になる。