PR
日経オートモーティブ Market Watching

テレマティクスサービスは2015年に2200万件規模に
乗用車向けが大幅に増え、歩行者向けを上回る見込み

 車両の盗難を自動通報するシステ ム、道路の通過時間をアップロードし て渋滞情報をリアルタイムに配信する システム、そして携帯電話を使った位 置情報サービスなど、続々と登場する こうしたサービスの加入件数は、2015 年には2200万件規模になる―。
 矢野経済研究所は、ITS(次世代交 通システム)のテレマティクスサービ スの市場規模を調査したレポート 「2007 ~08年版ITSテレマティクス市 場予測レポート」でこのような予測を 明らかにした。
 レポートでは、乗用車向けのテレマ ティクスサービス、商用車向けのサー ビス、GPS携帯電話を使った歩行者向 けのサービス、路車間や車車間などイ ンフラ協調によるサービスの市場実態 を分析し、将来予測を行った。

市場規模は約7倍に
 2006年のテレマティクスサービス は、乗用車向け、商用車向け、歩行者 向けで約345万件にとどまっている。 予測ではこれが2010年に約1384万件、 2015年には約2278万件に伸びるとす る。著しく伸びるのは乗用車向 けで、2006年の149万件から2015年ま でに1100万件以上も増加し、平均する と毎年120万台以上の新規加入が見込 まれる。2006年度の登録車および軽自 動車の新車販売台数は合計560万台程 度。今後もこのペースが続くとすれ ば、新車の約4台に1台がテレマティ クスサービスに加入することになる。