PR
日経オートモーティブ 解説

自動車メーカーや業界団体が、後突時のむち打ち被害を軽減す る取り組みを強化している。2008年9月に米国がむち打ち被害 軽減シートの導入を義務化するほか、将来的にはEuroNCAPな どが試験・評価を始める方針だ。むち打ち対応が、クルマの安 全性を決める重要な要素になりつつある。

 後続のクルマに追突されて首を負傷 する「むち打ち」対策が、新たな段階に 入った。
 後突前に作動する新しい方式の「ア クティブヘッドレスト」が登場したほ か、自動車メーカー各社がむち打ち軽 減シートの標準搭載に注力しているた めだ。
 新しいアクティブヘッドレストは、 トヨタ自動車が2006年9月に発売した 上級車「レクサスLS460」に採用された 「プリクラッシュ インテリジェント ヘッドレスト」(図)。これまでのア クティブヘッドレストが後突時にヘッ ドレストを移動させていたのに対し、 後突が発生する前にドライバーの頭の 位置に合わせてシステムが作動するこ とで安全性を高めている。従来は他社 を含めて、後突後に作動するタイプし かなかったため、安全性の向上には限 界があった。

日経オートモーティブ 解説
図●トヨタ自動車が「レ クサスLS460」で導入し たアクティブヘッドレスト
後方の車両を検知するミリ 波レーダを用いて、ぶつかる 前にヘッドレストを適した位 置に移動する。