PR
日経オートモーティブ 連載

軽く安くする材料・加工技術・第5回

ファインブランキングで 複数の工程を一つに

量産規模さえ十分にあれば、一番コストの安いものづくりの方法は、 鋼板をプレスして作ることだろう。ただし、それは薄板を曲げたり、絞っ たりする形状の場合。ファインブランキングなら、かなりの厚板でも、 今まで溶接したり、機械加工していたようなものを1工程で造れる。

山本製作所社長
山本勝弘


 「多品種少量生産」がもてはやされる 現在だが、実は自動車の世界では、と んでもないスケールの「少品種大量生 産」が始まっている。自動車メーカー の国際的な再編が進み、世界中で作る 共通プラットフォームが登場したから である。
 その部品は各地域それぞれで造っ た方が安くつく場合もあるが、1カ所 で集中して造り、全世界の組み立て 工場に供給した方が有利な場合もあ る。このため、どうしても生産規模 が大きくなる傾向にある。私が聞い た例では、例えばドアロックで100万 個/月というロットで生産するライン があるという。
 こうなってくるとやはりプレス加工 が強い。サイクルタイム1秒を切るよ うな時間でものを造れるのはプレス加 工だけである。当社には1分間に100 個生産できる機械がある。この機械で は1時間に100×60=6000個、1日18時 間稼働として6000×18=10万8000個、 1カ月25日稼働として10万8000個× 25=270万個の製品が作れる。稼働率 の問題はあるのだが、プレス加工なら 100万個/月というのもあながち非現 実的な数字ではない。

日経オートモーティブ 連載
図●森鉄工のファインブランキング用1200tf プレス機