PR
日経ものづくり 中国

中国の工具は日本の1/5以下
調達前にしつこく現物を確認

 製品のコストは,部品や材料だけでは決まりません。コスト構成を詳しく調べてみると,意外にも隠れたコストアップ要因となっているものに,工具があります。日本や欧米で造られた工具は決して安いものではなく,しかも工場では通常,大量の工具を必要とするため,一般に工具には大きな費用が掛かっています。
 これを中国製の工具に切り替えることで,大幅なコスト削減が期待できます。中国製の工具は日本製の1/5以下で購入できるからです。例えば,日本の工具店で1本500円程度するドライバーも,中国では100円もしない価格で買うことができます。(以下,「日経ものづくり」2007年12月号に掲載

日経ものづくり 中国


「日経ものづくり」の年間購読および一冊購入の申し込み
定期購読者限定サービス(無料):記事検索/PDFダウンロード