PR
日経オートモーティブ イベントレポート

本誌と日経エレクトロニクスは2007年11月、カーエレクトロニクス関連のセミナー「Automotive Technology Days 2007 autumn」を開催した。カーエレクトロニクス化の主要3分野であるハードウエア、ネットワーク、ソフトウエアの最新動向について関係メーカ-が講演した。

 基調講演で登壇したアイシン・コムクルーズ社長の上田政博氏は「カーエレクトロニクス“頭脳の進化”」をテーマに講演した(図)。クルマの進化を生物の進化になぞらえ、これからの進化の方向はメカの電子化や、情報技術の利用といった「筋肉系ではなく頭脳の進化」(上田氏)が進むと予測した。  こうした電子化の進展に伴って、ソフトウエアの重要性が増すとし、同社では「CMMI」(Capability Maturity Model Integration)や欧州で導入が進む開発プロセス標準「Automotive SPICE」といった手法を取り入れて開発プロセスの改善に取り組んでいるほか、開発能力の拡大のためにモデルベース開発を進めているという。

日経オートモーティブ イベントレポート
図●会場の様子