PR
日経オートモーティブ Market Watching

安全と通信に消費者はいくらなら払う?
予防安全は高くても5万円、通信コストは月額1000円未満

 自動車ユーザーが予防安全機能に支払ってもよいと考える金額は1機能当たり高くても5万円以下、また自家用車のデータ通信コストは有償利用の意向があるユーザーに限っても、月額1000円未満を希望――。『日経マーケット・アクセス』(http://ma.nikkeibp.co.jp/)が2007年8月に実施した「自動 車の先進安全と新サービス」調査からこんな事実が明らかになった。予防安全、通信サービスとも、車両やサービスを提供する事業者が適正と考える提供価格より、約3割低い価格である。

日経オートモーティブ
図●11種の予防安全機能に対する事業者と消費者の適正販売価格(2007年8月調査)
「消費者」はアンケート回答の男女比率を総務省の「男女別推計人口、2007年8月1日概算値」を基に補正した。予防安全機能については、設問でそれぞれ簡単な解説を付けて尋ねた。