PR


片山 幹雄氏
シャープ 代表取締役社長

 片山氏の社長就任から1年たった2008年4月,シャープは大幅な組織変更を実施した。その目玉となるのが,研究開発体制の強化である。いわゆる中央研究所のような役割を果たす部門となる「研究開発本部」を新設した。この組織変更には,技術者として歩んできた片山氏自身の経験に基づく,さまざま思いが見え隠れする。