PR

【勘どころ幾何公差 第3回】公差域同士の平行/直角関係

問題
互いに直角になるよう意図した図形がある。
この図形を平行度で規制するとき,公差域同士は直交するか。

 図は,L字形の隣り合った二つの表面を平行度によって規制した【図例】と【解釈】である。一方の表面はデータム平面Aに対する平行さを,もう一方の表面はデータム平面Bに対する平行さを規制している。公差域はどちらも0.1mm幅の平行2平面で,この中に実際の(測得)表面が収まっていれば規制を満足できることになる。(以下,「日経ものづくり」2008年6月号に掲載)

問題