PR

 2008年5月に米国ロサンゼルスで開催された「Society for Information Display 2008(SID 2008)」からは,FPDの市場と技術がともに大きな転換期を迎えていることが見て取れた。これまでのFPDテレビ中心から屋外を含めたあらゆる空間,身の回りのあちこちに,さまざまな形態のディスプレイがあふれる状況が目の前に来ている。パネル技術やその生産技術も,10年に1度の変革期に差し掛かっている。従来の原理や製造方法を根底から覆す動きである。超高解像度テレビの試験放送が本格化するなど映像メディアの激変が予想される2016年に向けたFPD技術革新が始まった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
「初割」2/7締切迫る!
>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【初割 2/7締切】日経電子版とセットで2カ月無料!
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)