PR


趙 章恩(チョウ・チャンウン)
ITジャーナリスト

 2008年6月17~18日,韓国ソウル市で「OECD(経済協力開発機構) IT大臣会議」が開催された。韓国の政府機関は,アジアでは初開催となる同会議を招致したこと,そして韓国がITやエレクトロニクスの強国としてイニシアチブを取り続ける意思があることを内外に示す絶好の機会であるため,会議の準備を優先的に進めてきた。これにより,IT技術や製品の世界での販売力の強化につなげる狙いがあった。

 例えば,韓国で年に数回開催されるIT関連展示会を同会議の付帯イベントとして前倒し,「World IT Show 2008」として同時開催したほどである。

 OECD IT大臣会議には世界42カ国の大臣や政府代表,民間企業の代表者など3000人以上が参加した。韓国Samsung Electronics Co., Ltd.や韓国LG Electronics, Inc.の最新の携帯電話機,韓国KT社のIPTV用セットトップ・ボックスなどが展示され,合計で20万人以上の来場者が訪れた。