PR

 集光型太陽電池は,光学系を使って,数百倍の太陽光を太陽電池セルに照射する技術である。日照時間が長い砂漠地帯などで,特に有効になる。太陽電池の普及が世界各地で進んだことで,砂漠地帯などへの進出を狙った太陽電池メーカーやベンチャ企業が,集光型太陽電池の研究開発を加速させている。今回は,集光型太陽電池システムと,同システムに組み込む多接合太陽電池セルの基礎と開発状況を解説する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
「初割」2/7締切迫る!
>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【初割 2/7締切】日経電子版とセットで2カ月無料!
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)