PR

 任天堂のゲーム機「Wii」向け加速度センサーへの搭載でMEMSデバイスの売り上げを急増させている伊仏STMicroelectronics社が,角速度センサー(ジャイロスコープ)市場への参入を発表した。価格競争の厳しい民生機器向けで実績を上げた同社が,この市場で勝つために選んだ手法が,加速度センサー向けで実績のあるプロセス技術の活用である。同社が「THELMA」と名付ける製造プロセス技術を角速度センサーにも適用,2匹目のどじょうを狙う。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
「初割」2/7締切迫る!
>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【初割 2/7締切】日経電子版とセットで2カ月無料!
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)