PR


CMOS RF回路に向けた要素回路の最適設計手法を,前回と前々回の2回にわたって解説してきた。今回は,最適設計法解説の最終回である。電圧制御発振器(VCO)とイメージ抑圧ミキサという二つの回路を取り上げる。いずれも無線通信システムの性能を大きく左右する重要な回路だ。(山下 勝己=本誌)

束原 恒夫
会津大学 コンピュータ理工学部
コンピュータ論理設計学講座 教授

 前回,前々回と続けて,CMOSプロセスを用いたRF(CMOS RF)回路に欠かせない要素回路の最適設計法を解説してきた。今回も引き続き,RF要素回路の最適設計法を紹介する。紹介するのは,電圧制御発振器(VCO:voltage controlled oscillator)とイメージ抑圧ミキサである。VCOは無線通信システムの送信回路と受信回路に,イメージ抑圧ミキサは受信回路に用いられる。いずれも,無線通信システムの性能を大きく左右する重要な要素回路だ。