PR

 太陽光発電の活用が世界中で注目される中,停滞していた国内市場が“福田ビジョン”をテコにして再び動き出す。国内市場が伸び悩んでいたこの数年間に,日本は海外市場に出て力を付けた。福田ビジョンで国内市場が再び活況を取り戻せば,高度な技術を磨くための内需と生産量の増大につながる輸出の両輪が回り出す。国内太陽電池メーカーの間では,日本が持つ高い技術を武器にして積極的に世界市場へ打って出ようとする機運が高まってきた。一方,隣接するアジアの国々でも太陽電池産業が急速に成長している。いずれも世界の大きな市場を見据えた拡大路線を突っ走っている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
「初割」2/7締切迫る!
>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【初割 2/7締切】日経電子版とセットで2カ月無料!
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)