PR


低・中速のA-D変換器を使う際,ΔΣ型と逐次比較型のうち,どちらを選択するのかに悩む技術者は多い。本連載ではA-D変換器の仕組みを体系的に取り上げるが,今回は2種類から選択するための指標として応答性や前置フィルタの次数,分解能に焦点を当て,比較のポイントを紹介する。(清水 直茂=本誌)

中村 黄三
日本テキサス・インスツルメンツ アプリケーション技術部 エンジニアリング・エキスパート

 中・低速のA-D変換器は,これまで主流だった逐次比較型A-D変換器から,分解能が高く安価な上に,変換速度の面でも遜色がなくなったΔΣ(デルタ・シグマ)型A-D変換器に置き換わりつつある。従来,ΔΣ型の主な用途はオーディオ向けで,産業機器向けにA-D変換器を扱う設計者にとってΔΣ型はなじみが薄かった。