PR


 三菱電機は,使用済み家電製品のリサイクル工程で発生する「混合プラスチック」から,主要3大プラスチックであるPP(ポリプロピレン),PS(ポリスチレン),ABS(アクリロニトリルブタジエンスチレン)を99%以上の高純度で回収する技術を開発した。2009年秋には,この技術によって回収した主要3大プラスチックを,再び家電製品の材料として利用する,いわゆる自己循環リサイクルを始める。