PR


前回に引き続き,ΔΣ型と逐次比較型のA-D変換器の各種性能を比較する。今回は,多くの技術者がもやもやしているΔΣ型のデータ変換の開始/終了の考え方や消費電流の大きさ,拡張性の高さなどに着目する。そして,従来は逐次比較型を使ってきた分野にもΔΣ型が採用され始めた例を紹介する。(清水 直茂=本誌)

中村 黄三
日本テキサス・インスツルメンツ アプリケーション技術部 エンジニアリング・エキスパート

 ΔΣ(デルタ・シグマ)型A-D変換器と逐次比較型A-D変換器において用途に応じた使い分けを考えるには,アナログ入力部とA-D変換部,デジタル出力部の三つの要素で各種性能を比較しなければならない。前回は,アナログ入力部の応答性と前置フィルタの次数,A-D変換部の分解能の限界について説明した。