PR

 スペインの太陽電池向け電力買い取り制度が大きく見直される見通しとなった。買い取り金額の大幅削減や上限枠の設定などによって,2009年以降のスペインの太陽電池年間導入量は大幅に減る可能性がある。今後,スペイン以外の国でも買い取り金額の減額が進む。ユーザーが被る減額によるマイナス分を補うには,太陽電池システムの低コスト化を進めなければならない。見直し直前の2008年9月1~5日にスペインのバレンシアで開催された太陽電池関連技術に関する国際学会と展示会「23rd European Photovoltaic Solar Energy Conference and Exhibition(EU PVSEC)」から,低コスト化技術の最新動向を伝える。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
「初割」2/7締切迫る!
>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【初割 2/7締切】日経電子版とセットで2カ月無料!
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)