PR

【工場安全のツボ 第8回】ホコリ/水/感電に対する保護構造

 生産現場で使う機械や制御盤(本体や操作スイッチ),操作パネルなどは,設置される環境を考慮した上で,粉じんや水が内部に入る可能性を想定しておかねばなりません。異物の混入で,装置が正常に動作しなくなったり,絶縁性能が失われたりするなど,思わぬ危険につながる恐れがあるからです。(以下,「日経ものづくり」2008年11月号に掲載)