PR

【技術がつなぐ中小企業リレー】タナカ技研/日進工業

タナカ技研

脆性材料の精密加工に特化
受託からメーカーへの脱皮も進む

 タナカ技研は,光学ガラスや光学結晶,セラミックス,磁性材料といった硬くてもろい材料の精密加工を得意とする。主力加工品である光学部品のカメラ付き携帯電話機用IR(赤外線)カットフィルタや,DVD向け光ピックアップに使うミラーの量産では大きな実績を上げている。さらに,光学センサや磁気ヘッド部品などの加工でも豊富な実績を持っている。(以下,「日経ものづくり」2008年12月号に掲載)

日進工業

PEEK樹脂の量産加工で定評
5年で成形サイクルを半減

 日進工業は,ドアロック・レギュレータ,インサイドハンドル,エンジンバルブ,エンジンマウントなど,1カ月に約3000種類の自動車向け小型精密樹脂部品を加工している。耐熱性や機械的特性が優れた高性能エンジニアリング・プラスチック(スーパーエンプラ)の射出成形を得意とし,ポリエーテル・エーテル・ケトン(PEEK)を使用したブレーキ部品や,ポリアミドイミド(PAI)製ヘリカルギアなどの成形も手掛ける。(以下,「日経ものづくり」2008年12月号に掲載)