PR

【多視済済】1/3の面積で効率的に造水する工夫とは

 船舶において,海水から生活用水を得るための「造水装置」は欠かせない存在だ。だが,重要な設備だからといって“幅”を利かせているわけにはいかない。燃料油用の油清浄機やバラスト水の処理装置など積載する設備が増えているため,設備それぞれに対して小型化のニーズが高まっているのだ。(以下,「日経ものづくり」2009年1月号に掲載)