PR

【ドキュメント R&D】日産自動車/GT-Rの開発 第6回 見えない上限

 世界で最も過酷なサーキットといわれるドイツの「ニュルブルクリンク」の北コース。そのコースを, 「GT-R」の試作車が轟音と共に駆け抜ける。運転席に座るのは,レースドライバーの鈴木利男。開発総責任者である水野和敏が,全幅の信頼を寄せて起用したGT-Rの開発ドライバーだ。(以下,「日経ものづくり」2009年2月号に掲載)