PR


右手系/左手系複合(CRLH)線路から成るCRLHメタマテリアルは,特定の条件を満たす際にアンテナやカプラなど,工学的応用に適した特性を備えるようになる。今回は,その条件とそうしたCRLHメタマテリアルを用いたデバイスの例を紹介する。(野澤 哲生=本誌)

真田 篤志
山口大学 大学院 理工学研究科 准教授

 本連載の第3回では,左手系メタマテリアルのモデルの中で最も基本となる「右手/左手系複合(CLRH)線路」を,右手系線路および左手系線路と比較しながら紹介した。

 今回は,この線路モデルを基に構成された「CRLHメタマテリアル」の応用の際に重要な「バランス条件」を中心に解説する。