PR

 天空を漂う黄色い物体は,ヘリウムバルーン(写真上)。そこから地上に向かって「テザー」と呼ぶ,幅50×厚さ1.5mmのポリエステル製のベルトが垂れ下がる(同中)。風に揺れるテザーを懸命に昇っていく物体,その名を「クライマー」という(同下)。

 これは,2009年5月1日に,千葉県船橋市の日本大学理工学部で開催された公開実験の様子だ。クライマーやテザーの挙動を詳細に分析し,ある昇降装置の実用化に役立てる。ズバリ,ある昇降装置とは何か。

〔以下,日経ものづくり2009年6月号に掲載〕