PR

 LEDのコストを0.5円/lm,性能を200lm/Wにする。この二つの目標を2011年に両立させるため,LEDメーカーは,技術のブラッシュアップを急ぎ,新技術の投入時期を早める。従来の技術開発方針はチップ技術の改良が中心だった。これをチップ,蛍光体,パッケージと,LEDを構成するあらゆる部分の技術を同時並行的に改善する方向に改める。そして,量産対応技術に仕上げ,量産工場に展開していく。こうしたコストと性能の改善に加え,LED照明の長寿命化を図り,LED照明の経済性をさらに高めていく。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料