PR

2強に挑む

 「米Apple, Inc.やフィンランドNokia Corp.,ソニーまで,世界の名だたる民生機器メーカーが設計・製造を委託するEMS/ODM企業,台湾Hon Hai Precision Industry Co., Ltd.(鴻海,Foxconn)が,中国で小売業に本格進出する。2009年9月に,量販店を手掛ける中国・上海安心購商貿社を設立すると発表。初期投資額は5000万米ドル。大手小売業者のドイツMETRO AGと協力して,2011年ころまでに家電量販の2強,中国SuNing(蘇寧)社と中国GouMei(国美)社を超える数の店舗を開設する構えだ。

 Hon Haiグループはこれまで,消費者向けの販売をほとんど手掛けていない。無謀にも思える挑戦だが,中国の商習慣に勝機を見出した。SuNing社や GouMei社は販売スキルをテコに成長したわけではなく,「ビジネスモデルは不動産業そのもの」(市場調査会社)である。日本のショッピング・モールの運営会社と同様,店子(テナント)の売り上げに応じた手数料を収益源とする。接客は民生機器メーカーが派遣する販売員が担っている。このため,小売業の経験がないHon Haiグループでも,豊富な資金力を使えば進出可能になる。

『日経エレクトロニクス』2009年10月5日号より一部掲載

10月5日号を1部買う