PR

 パナソニックは2009年10月21日,発光ダイオード(LED)を光源とする電球型照明(以下,LED電球)を発売する。既に大手メーカー各社は,同年7月~9月にかけて実売価格4000円前後の低価格LED電球を市場投入しており,それを追いかける形になる。

 パナソニック製品の特徴の一つは,筐体(ヒートシンク)にプレス成形品を採用したこと(図)。LED素子は非常に小さいため,そこから出る熱を素早く拡散・放熱しないと素子温度が急上昇し,発光効率(エネルギ消費効率)や寿命に悪影響を及ぼす。

〔以下,日経ものづくり2009年10月号に掲載〕

図●パナソニックが発売するLED電球
筐体(ヒートシンク)にフィンを設けずに十分な放熱性を実現。筐体の内部空間を大きくできるため,E17口金に対応した小型電球タイプもラインアップできた。外面に見える小さな凹部は,放熱部材であるアルミ合金製プレートをヒートシンクに固定するためのカシメ部だ。