PR

 太陽電池が,大きな変化期に入った。従来の延長上にはない技術を使って,光電変換効率が40%超の超高効率太陽電池を目指す動きが活発になっている。実現すると,家庭や発電所,自動車や携帯機器など幅広い用途で太陽電池の存在感が増す。次々世代の太陽電池の技術開発に参加するのは,太陽電池の技術者だけではない。半導体や光エレクトロニクスといった異分野の技術者が,太陽電池に強い興味を示す。太陽電池は異分野技術との融合により,さらなる進化を遂げる。そのとき,「究極の太陽電池」が実現する。