PR

 エレクトロニクス機器市場における新興国の存在感が増すにつれて,半導体メーカーの役割が変わりつつある。新興国のエレクトロニクス・メーカーが,手っ取り早く安価な新製品を投入しようと,リファレンス・ボードを活用するためである。半導体メーカーは,チップ単体の提供から,リファレンス・ボードを活用したビジネスへの転換が必要になっている。この変化に追随できるかどうかが今,半導体メーカーに問われている。