PR

携帯機器向け燃料電池の開発に,ひたすら挑み続けていた東芝。これまで数々の展示会で試作品を披露してきたが,なかなか製品化までには至らなかった。その東芝が,ついに燃料電池の発売に踏み切った。安全性確保に重点を置き,ステンレスやAl合金など金属部品を多用する。燃料電池や携帯機器の開発技術者の意見を交えながら,新製品を解剖する。さらに,東芝の燃料電池開発を推進してきた上野文雄氏へのインタビューを掲載した。

USB端子を用いて携帯機器の充電が可能
東芝が発売した燃料電池は,USB経由で携帯機器を充電できる。燃料は,50mL入りの燃料ボトルを用いて充填する。(写真:山西 英二)

 「発売したこと自体に敬服している」(携帯機器関連の技術者)――。

 東芝は,2009年10月末に携帯機器向け燃料電池「Dynario」を限定3000台で発売した。この不況下で燃料電池を市場投入したことに,携帯機器や燃料電池関連の技術者から,驚きと賞賛の声が上がっている。

 燃料電池の開発を進める他企業では,早速複数台を購入して動作の検証を進めているところが少なくない。「空気取り入れ口の湿度が一定に保たれていることや,燃料となるメタノールのにおいを感じずに済むといった点からは,完成度が高いと感じている」「風呂の湯温程度とはいえども,発熱が若干気になる」など,早くもさまざまな意見が寄せられている。

 本誌は発売したばかりの燃料電池を入手し,その特性を解析した。さらに東芝の協力を得て,本体内部の部品についても開示してもらった。

本当は3万円以上?

 Dynarioは,ダイレクト・メタノール方式の燃料電池(DMFC)である。USB端子を使い,携帯機器を充電できる。最大出力は内蔵した Liイオン2次電池と合わせて2W(5V,400mA)まで対応する。本体には14mLのメタノールを充填できる。この燃料を使えば,「携帯機器を2回程度はフル充電可能」(東芝)としている。本誌が消費電力1WのLEDライトを用いて確認したところ,11時間ほどの発電が可能だったことから,1充填で 11Wh程度の発電能力があるとみられる。

『日経エレクトロニクス』2009年11月30日号より一部掲載

11月30日号を1部買う