PR

 「やれることは何でもやる。今回の発表もその一環だ」(アルバック 代表取締役会長の中村久三氏)。製造装置メーカーのアルバックが突如,電気自動車(EV)向けの急速充電器への参入を表明した。国内だけでなく海外へも販路を広げるなどして,「初年度にシステムも含めて10億円の受注を目指す」と鼻息は荒い。低コスト化を積極的に推し進め,先行メーカーに挑む。

 既に最初の納入先も決まっている。2010年3月までに,アルバックが本社を置く神奈川県茅ヶ崎市の市営駐車場に設置する計画だ。茅ヶ崎市に納入するのは,太陽電池による発電設備を組み合わせたEV急速充電システムである。最大発電量が20kWの太陽電池と,出力50kWの急速充電器などで構成する。約25分でEVの電池容量の80%を充電できるという。太陽電池で発電した電力で不足する場合は,電力系統から補う。

図1 急速充電器を独自開発
製造装置メーカーのアルバックが開発したEV向け急速充電システム。太陽電池を用いた発電設備と組み合わせた。神奈川県茅ヶ崎市の市営駐車場に納入予定のシステムでは,茅ヶ崎市役所内のモニターに発電状況を表示する。

『日経エレクトロニクス』2010年1月25日号より一部掲載

1月25日号を1部買う