PR

 「品質は会社の生命線」(トヨタ自動車代表取締役社長の豊田章男氏)──。その生命線で,同社が大きく揺らいでいる。同社の製品で相次ぎ品質問題が表面化し,史上空前の規模のリコールを行うことになったからだ(表)。

 ただし,これは同社固有の問題ではなく,ほかのメーカーでも起こり得る問題と考えなければならないだろう。これらの問題は,日本の製造業が今後直面するであろう課題を示唆している。以下に,その課題を挙げてみる。

〔以下,日経ものづくり2010年3月号に掲載〕

表●トヨタ自動車の一連の品質問題
台数に関しては一部重複がある。(1)への対応は,基本的に自主改修という位置付けだが,米国の制度ではリコールと自主改修に区別はないので,リコールとしている。
[画像のクリックで拡大表示]