PR

【強さの秘密】緩み止め機能付きのナットの専業メーカー。新幹線向けにほぼ独占的に供給するなど、同分野ではトップシェアを誇る。独自の構造もさることながら、特殊なナットを高精度・高効率に製造する製造装置とノウハウが他社の模倣を防いでいる。

 ハードロック工業の緩まないナット(商品名「ハードロックナット」、以下HLナット)は、新幹線のレールや電力会社の鉄塔をはじめ、産業機械や橋、道路といった大型建造物からベビーカーまで幅広く採用され、安全を支える部品として顧客から高い信頼を得ている。「1974年の製造開始以来、緩んだという話は聞いたことがない」(同社代表取締役社長の若林克彦氏)と、オンリーワン技術に胸を張る。

 一般に、ボルト締結体は衝撃や振動などの外荷重を受け続けると次第にねじが緩み、事故につながる恐れがある。若林氏が神社の鳥居を見て思い付いたというHLナットは、くさび効果を利用してその緩みを抑える。初期の締結力が長期にわたって保持できる。

 HLナットは、凹形状の上ナットと凸形状の下ナットの2つ1組で構成される(図)。下ナットの凸部のリングの中心が、ナットのねじ穴の中心に対してやや偏芯している点がミソ。

〔以下,日経ものづくり2010年4月号に掲載〕

図●HLナットを構成する2つのナット