PR

 写真は、2010年5月21日にH-IIAロケット17号機によって打ち上げられた、小型ソーラー電力セイル実証機「IKAROS」だ。ヨットの帆のように大きく広げた膜で、太陽光圧の力を受けて推進力を得る。アイデアは約100年前からあったものだが、いまだ実現されていない。さて、海原を航海するヨットは水から受ける抵抗を利用して風上へと切り上がれるが、真空中ではそうはいかない。実は宇宙ヨットでも、太陽から遠ざかる方向の力を受けながら太陽へ近づくことができる。その原理とは、一体…

〔以下、日経ものづくり2010年6月号に掲載〕