PR
写真:栗原克己

 自然のような優しい風を作る扇風機「GreenFan」がヒットして注目を浴びましたが、ものづくりを始める前は、プロの音楽バンドを組んでいたんです。全身全霊を懸けたそのバンドが20代の終わりに突然解散し、3カ月くらい真っ白になりました。そして次を考えたときに、音楽というフィールドではこれ以上の仕事はできない、別のフィールドに飛び出すしかない、と思うようになった。それが、ものづくりだったんです。なぜ? 唐突に見えるかもしれませんが、僕にはごく自然な選択でした。

 バンド時代の僕の相棒は、バンドのメンバーと、米Apple社のパソコン「Mac」、そして米HermanMiller社のいす「アーロンチェア」。自宅で曲を作るんですが、Macの使い勝手の良さは群を抜き、簡単にスタジオレベルの音源が作れた。とはいえ、作業は長時間に及ぶので、腰痛持ちの僕にはきつい。ところが、アーロンチェアに身を委ねていると、腰は痛くならないし疲れなかった。この2つの道具にどれだけ助けられたことか。だから、音楽というフィールドを飛び出すと決めたときに、他人に大きなベネフィットを与えるものを造りたいと、思ったんです。
〔以下、日経ものづくり2010年8月号に掲載〕(聞き手は本誌編集長 荻原博之)

寺尾 玄(てらお・げん)
バルミューダデザイン 社長
1973年生まれ。17歳で高校を中退し、スペイン、イタリア、モロッコなど地中海沿いを放浪。帰国後、音楽活動を開始。大手レーベルと契約するも破棄になり、バンド活動に専念。2001年バンド解散後、ものづくりの道を志す。独学と工場への飛び込みで、設計や製造の知識や技術を習得。2003年にバルミューダデザインを設立し、代表取締役に就任。デザイナーを兼務する。