PR
22nm世代の製造技術で既存のFPGAと差異化

 「米Intel Corp.との協業関係は22nm世代にとどまらない。15nm,11nm,そして8nm世代までを視野に入れている」(米Achronix Semiconductor Corp.,Chairman and CEOのJohn Lofton Holt氏)。FPGAベンダーのAchronix社は,同社のFPGAをIntel社の22nm世代のプロセス技術で製造することで合意したと,2010年11月に発表した。冒頭のコメントは,この発表を受けて実施した本誌の取材で明らかになったもの。

 Intel社は22nm世代の最初の製品を2011年後半に生産する予定である。Achronix社はIntel社の22nm世代の技術で製造したFPGAのサンプル出荷を,2011年第4四半期に開始する。

Intel社が生産受託する理由

 最先端のプロセス技術について,Intel社はマイクロプロセサなどの自社製品で使い切る「自前主義」を基本としてきたが,今回,その方針を転換して外部から生産を受託することを決めた。今回の提携により,Intel社がAchronix社から請け負う生産量はIntel社の全生産量の1%未満と少ないものの,Intel社は他社との協業を今後も模索していくという。

『日経エレクトロニクス』2010年11月29日号より一部掲載

11月29日号を1部買う