PR

【ブーブ(VooV)】バンダイ(ミニカー×変形)

1台で2台分楽しめるミニカー
異質の概念で新市場を開拓

 未就学児、中でも男の子が1度は手にする玩具といえばミニカーだろう*1。そのミニカーの分野で新市場を切り開いたのが、バンダイ(本社東京)の「ブーブ」(VooV)だ(図1)。ブーブの特徴は、1台で2つの“顔”を持つこと。前後左右に展開できる構造となっており、裏返して組み立てることで別の車両に変形するのだ。乗用車がパトカーになったり、特急列車が新幹線になったりと、さまざまな種類の商品がラインアップに並ぶ。

 この「1台で2台分楽しめる」(同社ボーイズトイ事業部企画第二チームサブリーダーの長谷川歩氏)という新たな価値が評価されて、2010年3月の発売から1年で約120万個、累計で約320万個を売り上げた。玩具業界では、年に10万個売れればヒットといわれる。しかも、ブーブのように固有のブランドとして定着できる商品は「極めて珍しい」(同社)。

異質な概念を持ち込む

 そもそも、未就学男児向けの玩具は、大まかに「ヒーロー物」と「乗り物」に分かれる。バンダイが得意としているのは、どちらかといえばヒーロー物だ。ヒーロー物の玩具は、人気の高いテレビ番組のキャラクターなどを取り入れた商品が多い。それらは、爆発的に売れる可能性があるものの、商品のライフサイクルはそれほど長くない。長期にわたって売れる商品群を開発することが課題だった。

 そこで浮上したのが、従来にないミニカーの商品を開発するというプロジェクトである。実在する車両を模したミニカーは、車種の入れ替えこそあるものの、ブランド化できれば全体として継続的な売り上げが見込めるからだ。とはいえ、ミニカーではタカラトミーの「トミカ」が国内市場で圧倒的な地位を確立している。後発のバンダイが同じような商品を出しても勝ち目は薄い。

 ここで同社は、「バンダイらしさとは何か」という原点に立ち返った。そうして気付いたキーワードは「変形」だ。同社が得意としているヒーロー物の玩具は、可動機構を備えてさまざまな姿へと変形する商品が少なくない*2。変形は、ユーザーの男児に楽しさや驚きという価値をもたらす要素であるとともに、他社商品と差異化する上での強みにもなった。


〔以下、日経ものづくり2014年1月号に掲載〕

図1●変形するミニカー「ブーブ」
図1●変形するミニカー「ブーブ」
写真は、クルマの「VS」シリーズと、列車の「VL」シリーズ。クルマは、パトカーなどの「働くクルマ」が人気。列車は、東日本旅客鉄道の新幹線「E6」など新型車両をいち早く取り入れることを重視しているという。

*1 本稿における「ミニカー」は、クルマだけではなく列車などを模した商品も含む。

*2 変形する玩具を多く取り扱っていることから、バンダイは玩具を中心に幅広い分野で「変身」を商標登録している。

【UQUA】山善(低価格家電×ブランド力)

4000円台で完全防水スピーカー
専属の委託先で高品質を守る

 インターネット通販のアマゾン(amazon.co.jp)のデジタルオーディオ用スピーカーのベストセラーランキング(2013年12月12日現在)で、ソニーやJBLなどの大手家電メーカーを抑えて、首位を快走するメーカーがある。低価格家電事業で進境著しい山善(YAMAZEN)が手掛ける「UQUA」である(図1)。

 UQUAは、湯船に浮かべて音楽が聴けるワイヤレススピーカー。無線通信規格Bluetooth対応スピーカーとして初めて防水仕様(JISIPX6等級)を実現した。加えて、球状の近未来的なデザインを採用しており、内蔵するLEDライトの点灯は3種類(連続点灯、15秒間隔で明るくなったり暗くなったりする、消灯)の中から切り替え可能である。こうした先進的な機能やデザイン性を備えながら、価格は4480円(2013年12月12日現在のアマゾンでの価格)と安価なことが、大ヒットに結び付いた一因だ。

 低価格家電といえば、値段こそ安価なものの、機能やデザインはそこそこという商品が少なくなかった。これに対して、UQUAは、業界に先駆けてBluetooth対応品の完全防水を実現するなど「高機能」を売りにするとともに、デザイン性も大手メーカーに遜色ない水準まで引き上げている。4000円台という幅広い顧客層に訴求できる低価格化を達成しながら、顧客が「持っていて自慢できる製品」に仕上げている点が新たな価値といえる。

大胆な低価格化で市場立ち上げ

 扇風機の山善、こたつの山善─―。扇風機やこたつ、電気カーペット、電気ストーブなどの季節家電や、電子レンジをはじめとする調理家電の分野で、山善は長い歴史を持つ。同社が家電事業に参入したのは20数年前であり、その後、低価格家電の市場を創出、牽引してきた。


〔以下、日経ものづくり2014年1月号に掲載〕

図1●山善のワイヤレススピーカー「UQUA」
図1●山善のワイヤレススピーカー「UQUA」
湯船に浮かべて音楽が聴ける。