PR

A:会議の第1回目には、事業決定権がある方と実際に開発テーマの実務を担当する方に参加いただきたいと考えております。第2回目以降は、実務担当者に参加いただき、重要な決定事項がある場合は、別途事業責任者の方にお越しいただく予定です。なお、企業によっては事業決定権がある方と実務担当者が同じ方になる場合も想定されます。そのため、年齢層もかなり幅広くなると思います。