PR

A:会議自体は、数々の開発を手掛けてきた“開発の鉄人”こと、多喜義彦氏にコーディネートしてもらいます。定期会議については、基本的に1カ月に1回、2~3時間を想定しております(その後、懇親会を開催する場合もございます)。定期会議以外では、メーリングリストを整備いたしますので、定期会議で出た宿題的なものをやり取りすることになります。そのため、1日30分以内(週2時間半)のやり取りで済むのではないかと考えます。ただし、プロジェクトの進捗や盛り上がり方によっては、別途、集中的に会議を開催したり、他の企業を訪問したりすることもあると考えております。