PR
三洋電機

吉年 慶一 氏
執行役員 本社戦略部門 技術開発本部長

——2004年の研究開発成果として,携帯電話機やビデオ・カメラなど消費者が手に取る端末が挙がっています。部品事業やOEM事業に加えて,端末の研究開発も意図的に強化しているのでしょうか。
 どちらか一方に肩入れしすぎることなく,バランスを取りながら両方に注力しています。相乗効果が期待できるからです。端末の開発チームが「こんなコア部品が欲しい」と明確に提示すれば,部品の開発チームはその目標に向けて頑張れる。そこから生まれた強いコア部品が,端末の商品力を高めていきます。

 この相乗効果は既に実現していますよ。端末と部品のいずれの領域においても,最先端の成果が生まれています。例えばH.264/MPEG-4 AVC(以下,H.264)方式の映像コンテンツを視聴できる,地上デジタル・テレビ放送対応の携帯電話機です。「CEATEC JAPAN 2004」で試作機を公開しましたが,あの時点でH.264を視聴できる端末を披露できたのは,我々しかいない。先頭を切ったわけです。この端末を開発する際は,液晶パネルやチューナ・モジュール,電池など,開発中のさまざまな自社技術を結集させました。研究開発部門が,端末の開発に積極的にかかわっていったのです。

2004年の研究開発成果
  • 「H.264/MPEG—4 AVC」方式の映像コンテンツを視聴できる地上デジタル・テレビ放送対応携帯電話機の試作
  • FMラジオの受信回路を1チップに集積した携帯機器向けチューナIC「Easy Radio ICシリーズ」
  • 手ブレ補正機能を搭載した小型デジタル・ビデオ・カメラ「Xacti」
  • 統合型ホーム・ネットワーク・システム「ELiFES」
  • HIT(heterojunction with intrinsic thin-layer)構造の太陽電池で変換効率21.6%を達成(実験室レベル)
  • 支持基板(インターポーザ)やプリント基板向けモジュール化技術「ISB(integrated system in board)」
    2005年の研究開発テーマ
  • デジタル&デバイス関連技術(次世代DVD,ワイヤレス通信,有機EL,CCD型固体撮像素子,青紫色レーザ,モジュール化技術など)
  • エナジー&エコロジー関連技術(次世代太陽電池,モバイル・パワー・ソース,CO2応用製品,水処理技術など)
  • 暮らしソリューション関連技術(ホーム・ネットワーク技術,バイオ関連機器など)